あなたが進む道は2つしかありません

あなたが進む道は2つしかありません

2極化が進むことによってあなたが進むべき道は2つに限定されます。

上昇気流に乗って高所得者層に行くか、下落圧力に押されて低所得者層に行くかの2つです。

2極化を正しく理解している人には当たり前すぎる話なんですけど、ほとんどの人が第3の道があると信じています。

第3の道とは「現状維持」です。

何もしなければ今と変わらないと思っている人がほとんどなんです。

それは間違いで、何もしなければ下落圧力に押されて低所得者層にまっしぐらです。

もし仮に5年後も今と現状が変わらないとしたら、それは上昇気流に乗りかけている状態か、2極化の影響を受けにくい状況にいる(ライバルがいない一人勝ちビジネスをやっているなど)ということでしょう。

よっぽど、現時点で恵まれていない限りは、下落圧力に押されてしまうと思ってください。

以上を踏まえると、僕らが歩むべき道は2つしかないということがわかると思います。

高所得者層への道

意外と意識していない人が多いですが、高所得者層への道というのが存在します。

現時点で高所得者の人だけが、5年後に高所得者でいられるというわけではなく、今から頑張って5年後に高所得者層に入っていくことも可能なんです。

ただ、当たり前なんですけど、その道を歩むのは楽ではないですし、どちらかというと険しい道のりです。

もし、あなたがその道の存在を見つけていなければ、その道を探すところから始めないといけないですし、道を見つけたところで様々な障害物が邪魔をしているので、あなたがレベルアップしない限り途中で挫折してしまうなんてこともありえるんです。

なので、誰でも簡単に高所得者層の仲間入りができるなんて詐欺師みたいなことは言いません。

低所得者層への道

あなたが何もしなかったから、こちらの道に自動的に進むことになります。

自動的にというのがミソで、サラリーマン思考の国民は転職など新しい行動を起こすことが悪だとすら考えている人も多いので、こちらの道に進む人が多くなります。

もちろん、時代の流れを読める企業はこの流れをわかっているので、低所得者層向けの商品を多数開発します。

ユニクロや100円ショップ、すき家や吉野家などの牛丼チェーン店などはその最たる例でしょう。

今後もますますこの手の企業が登場しますから、実は収入が減ったとしても、ある一定の生活水準を満たすことは可能となります。

ただ、ここに落とし穴があって、生活水準はそれほど落ちないんですけど、間違いなく質の悪いものを買わされ続けることになります。

その結果どうなるかというと、病気のリスクが高まります。

これは企業の気持ちになって考えればわかります。

消費者の収入が下がる

値下げを強いられる

値下げをする時は質を落とすしかない

という負のスパイラルが繰り返されていくんです。

なので、生活水準はそこまで落ちないんですけど、それなりにリスクはあると思ってください。

こう書くと、低所得者層は幸せになれなそうな印象を与えてしまうかもしれませんがそうではありません。

下落圧力にによって自動的に低所得者層に落ちてしまった人はなかなか幸せになれないと思いますが、低所得者層への道を自ら歩いて行った人はしわあせになれる可能性は高いです。

どうやって幸せになるかというと、低所得者層相手のビジネスをすれば良いんです。

もうちょっと分かりやすく言うと、自分自身が率先して低所得者層への道を歩くことによって、これから歩く人に対してはリーダーになれるわけですから、低所得者層が反応しそうなコミュニティを作れば良いわけです。

さらに分かりやすく言うと、「100均情報館」みたいなサイトを作って、100均活用のリーダーになるとか、もうちょっとマニアックなのだと、日清カップヌードルのちょい足しレシピをひたすら公開していくとかですね。

そんなので人生がより良くなるのが思うかもしれませんが、多少は良くなると思います。

サイトの広告収入だけでも月に2~3万円、年に20~30万円くらいは稼げると思いますから。

当然ですが、切り口が良ければマスコミに取り上げられますから、さらなる収入アップの可能性もあります。

コンビニアイス評論家でアイスマン福留さんという方がいるんですけど、その人は低所得者層相手にコミュニティを作って成功した良い事例だと思います。

コンビニアイスをひたすら食べて紹介しただけですから誰でもできますよね。

こんな感じで、低所得者層の道を歩んだとしても、幸せになれますから悲観することはありません。

重要なのは道を決めて歩き始めることです。

高所得者層に未練タラタラで何もしないというのが1番ダメな行動なので、早いとこ自分の歩む道を決めて欲しいなと思います。

ユニクロから学ぶ低所得層相手のビジネスで利益を出す方法

もしあなたが1年に1回しか洋服を買わない人だとしてもユニクロという名前はご存知だと思います。

ユニクロはおそらく日本国民で9割くらいが知っているようなインフラ企業だと思いますから。

インフラ企業とは生活になくてはならない企業のことで、わかりやすいところで言えば、郵便局やガス、水道会社なんかがそれに当たります。

コカコーラやセブンイレブンやマクドナルドなどもインフラ化していると言っていいでしょう。

もちろんAppleも。

そんなインフラ企業の一つと言ってもいいユニクロですが、ご存知のように低価格路線をとっています。

これは2極化が進むのを想定して、低所得者層を相手にしようとしているというのは想像がつくと思います。

特にヒートテックやフリースなどはユニクロが文化を作ったと言ってもいいくらい浸透していて、それこそ5~6割くらいの人が1回くらいは買ったことがあるんじゃないでしょうか。

ご多聞にもれず、僕自身もヒートテックとシルキードライは愛用しています。

そんなユニクロがとっている戦略を考えることは凄く重要で、特に低所得層に行ってしまいそうな人には重要な話だと思います。

ユニクロが狙っている戦略は、インフラ化後の値上げです。

全国民に知れ渡り、もうユニクロしか買わないって状態になった時に値上げをするんです。

その値上げが仮に1000円から1200円になったくらいの上がり幅だったら、ほとんどの人が買うと思います。

なぜなら、それがインフラ化している状態だからです。

消費税が増税されて、コカコーラの値段が10円上がりましたが、みんな買いますよね?

すき家の牛丼が290円から350円に上がっても、通い続けますよね?

そして、ここが重要なところなんですけど、値上げをすることによって同じ労力(人件費)で利益を出すことができます。

要は値上げで上がった分の売り上げは、消費税増税で原価の値段が上がった場合を除けば丸々利益になるということです。

もちろん中には値上げによってリピートしなくなる人もいますし、毎年ヒートテックを買い替える人もそんなにいないと思うので、インフラになってから値上げすれば誰でも儲かるよーみたいな簡単話ではないんですけどね。

余談ですが、一時期ヒートテックの寿命が1年間だという噂が流れたんですけど、これはユニクロ側が流した噂だと思っています(笑)

人は「ヒートテックの噂が1年間だ」と聞いてしまうと、「確かに去年より効果が落ちた気がする…」と思うようになってしまうものです。

いわゆる洗脳をかけられている状態ですね。

真偽はわかりませんが、ユニクロだったらそれくらいのことをやってもおかしくはないかなと(爆)

ユニクロがとっている戦略は当然これ1つではないので、色々と勉強してみると良いと思います。

幸いユニクロ関連の本はたくさん出版されているので、それらの本を読むだけでも勉強になると思いますよ。

食品偽装問題と2極化

2013年に食品偽装問題が起きたのを覚えていますか?

有名なホテルや百貨店が、バナメイエビを芝エビと表示したり、ブラックタイガーを車エビと表示したりして話題になりました。

他にも、

・赤福が消費期限の偽装を行っていた
・ミートホープが品質表示偽装を行って内部告発された
・マクドナルドが消費期限切れの牛肉を使っていた
・バードカフェがグルーポンで販売したおせちが写真と全く違った

など、ここ10年くらいで様々なタイプの偽装が発覚しました。

さすがに、中国の段ボールをミンチ肉に混ぜていたレベルのものは発覚していませんが、どの事件も世間を失望させたのは間違いないと思います。

個人的には、今でも大なり小なり偽装しているお店はあると思います。

特に体力がない個人店はやっていてもおかしくないなと。

これらのお店や企業はなぜこんなことをしてしまったのでしょうか。

その理由は、2極化が進行していることと大きく関係しています。

高収入な人と低収入な人の2極化が進行し、外食に使えるお金が昔と比べて減っているのは実感していると思います。

いわゆる大手企業と言われているところは、低収入層相手に質がそこそこで安いものを展開して利益を出しているわけですね。

それによって、「安くていいものを提供することこそ正しい企業努力である」という洗脳を受けた消費者が、体力がない小~中規模なお店や企業に「高級な●●を安い値段で食べたい!」というプレッシャーをかけた結果として、偽装が起こったんだと思います。

小~中規模のお店の場合、本来はサービスだったり、バラエティに富んだメニューだったり、価格以外の部分で勝負していくのが定石だと思うのですが、残念なことにマスコミの洗脳を受けた消費者は価格以外の部分に価値を感じなくなっていったんです。

もちろん、価格競争が起こったからと言って、偽装していいのかと言ったらそんなことはないですが、消費者側にも全く原因が無いとは言い切れないということです。

どの業界でもそうなんですけど、安いものには安いなりの理由があります。

おそらくほとんどの日本人は「安くて質が良いもの」が出回っていると思っていると思いますが、各偽装を見てもわかるように、現実は「安くて質が良くないもの」が出回っています。

そんな中で「高くてもいいから質が良いもの」を求めている人が存在し、その人たちは買うものが無くて困っているというのが今の世の中です。

「安くて質が良いもの」を目指すのは企業努力として素晴らしいと思いますが、それは資金力がある大手に任せて、僕らみたいな個人は「高くて質が高いもの」を提供する努力をしていくべきなんじゃないでしょうかね。

自分の中の2極化

2極化は自分の周りで進行しているものだという認識があると思いますが、実はあなた自身の中でも進行しています。

わかりやすいのがお金の使い方です。

バブル期などは自由に使えるお金があったと思いますが、仮にそれが100万円だったとします。

その100万円を、

飲食20万円
洋服20万円
旅行20万円
美容20万円
趣味20万円

という感じでまんべんなく使っていました。

それが、2極化が進行して自由に使えるお金が50万円に減ったとします。

その50万円の使い方の内訳は、

飲食10万円
洋服10万円
旅行10万円
美容10万円
趣味10万円

とバランスよく全てが半額に変化するのではなくて、

飲食20万円
洋服15万円
旅行5万円
美容5万円
趣味5万円

みたいな感じで、お金を使うものと使わないものに2極に分かれるようになったんです。
なので、不景気だから高いものは売れないという感覚は、半分正解で半分不正解です。

バブル期に比べれば何も考えないで散財する人は減っているので、当時と比べれば相対的に高いものは売れなくなっているといえますが、今でも年収300万円のサラリーマンが10万円のフィギュアを買ったりしますから、高いものが売れないわけではないんです。

ただ、昔よりもお金に対してシビアになっているのに加え、欲求が多様化してきているので、ビジネス的に考えるならその多様化している欲求に出来るだけ応える必要があります。

他では、時間の使い方にも2極化が生まれてきています。

時間をかけるものとかけないものの2極化です。

現代人は、不景気による共働きや医療の発達による介護などにより、昔と比べて自分のために使える時間というのが減っています。

ここにもビジネスチャンスがあって、時間をかけたいと思うものがある一方で、今まで時間をかけていたけど、今後はできれば時間をかけたくないと思うものもあるわけですよね。

僕で言ったらトイレ掃除と風呂掃除の時間がそれにあたるんですけど、それらの時間を短縮するようなものを提供できれば売り上げは上がっていくと思います。

僕の例で言うなら、自動トイレ掃除機とか自動風呂掃除機を作るということですね。

僕が思うようなレベルで掃除してくれるなら確実に買うと思います。

こんな感じで、自分の中の2極化を理解するだけで、思わぬ上昇気流を発見することができます。

他でも、よく会う人と会わない人の2極化だったり、ネットで買うものとお店でしか買わないものの2極化だったり、様々な2極化が人それぞれ進行していて、それぞれの場所で上昇気流が存在しています。

個人的に、2極化時代を生き抜くために、自分のコミュニティを作ることは必須だと思っていて、そのコミュニティを作る時に「自分という人間はどういう人間なのか?」という棚卸が必要になってくるので、まずはあなたの中でどんな2極化が進行しているのか認識することをお勧めします。

自分という人間が理解できれば、集まってくる人間がどういう人かもある程度理解できると思いますので。

2極化とは?

もしあなたがそれなりに新しい情報にアンテナを張っている人だったら、最近「2極化」という言葉を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか?

「2極化」とはひとまとまりの物が2つの勢力に分離することで、この「分離」が様々な業界で起こっています。

一番、身近に感じてもらえるであろうものはファッション業界で、ユニクロみたいな安価で質がそこそこなお店でしか買わない人が増えている一方で、オーダーメイドの服しか買わない人も増えてきています。

他にも・・・

治療院業界では、保険診療のお店が儲かっている一方で、高額の自費診療で儲けているお店もあります。

美容業界では、QBハウスみたいな1000円カットが流行る一方で、カットのみで1万円以上取る高級な美容室が流行ってきています。

飲食業界では、すき家や牛角などの安く牛肉を提供するお店が流行る一方で、高級焼肉店やステーキ店が増え始めています。

こんな感じで、どの業界にも2つの勢力が顕在化してきていて、その中間にいるお店や人が軒並み売り上げを落としているという現実があります。

この2極化は、2015年~2016年にかけていきなり起こっているわけではなくて、10年くらいかけてゆっくり進行している感じです。

もしかしたら、あなたのいる業界はまだ例に挙げた業界みたいに顕在化していないかもしれませんが、遅かれ早かれ顕在化してくると思います。

2極化が進行する中で僕らは「どちらの極に行くのか?」というのを常に意識していないといけません。

勘違いしている人も多いんですけど、ユニクロみたいな安くて質がそこそこなものを提供する側に行くのが間違いというわけではないんです。

人を使う資本が無いと苦しいビジネスになることは間違いないですが、それでも儲からないというわけではないですし、むしろユニクロは儲かっていますよね。

ダメなのは、どっちつかずの中途半端な位置にいようとすること(=何もしないこと)です。

ファッション業界でいうと、百貨店やデパートに入っているブランドなんかはどっちつかずの位置から抜けられないので厳しいでしょうね。

2015年に業界大手である三陽商会がバーバリーから契約を切られて話題になりましたが、それくらいの事件が無いと変わらないと思います。

このどっちつかずがダメなのは自分でビジネスをしている人だけでなく、会社で働いている人も一緒で、今の時代で言うならITに上手く対応できる人と対応できない人の2極化は大絶賛進行中でしょう。

世の中の2極化勝手に進行していて、上に行く流れ(上昇気流)と下に行く流れ(下落圧力)があるんですけど、何もしていなかったら下落圧力で下に下がっていってしまうんです。

収入で例えるとわかりやすいと思いますが、現在と同じ仕事をしていると、給料がずっと同じなのではなくて、自動的に下がっていくんです。

同じ給料が下がるでも、下がると解かっていて下がるのと、気付いたら徐々に下がってきているのでは、打てる対策も違いますし、人生の幸福度も大きく変わってきます。

どちらの極に行っても、それなりに楽しい人生を送ることは可能なので、自分がどちらに進んでいるのかを常に意識できるようになってほしいなと思います。