自分の中の2極化

2極化は自分の周りで進行しているものだという認識があると思いますが、実はあなた自身の中でも進行しています。

わかりやすいのがお金の使い方です。

バブル期などは自由に使えるお金があったと思いますが、仮にそれが100万円だったとします。

その100万円を、

飲食20万円
洋服20万円
旅行20万円
美容20万円
趣味20万円

という感じでまんべんなく使っていました。

それが、2極化が進行して自由に使えるお金が50万円に減ったとします。

その50万円の使い方の内訳は、

飲食10万円
洋服10万円
旅行10万円
美容10万円
趣味10万円

とバランスよく全てが半額に変化するのではなくて、

飲食20万円
洋服15万円
旅行5万円
美容5万円
趣味5万円

みたいな感じで、お金を使うものと使わないものに2極に分かれるようになったんです。
なので、不景気だから高いものは売れないという感覚は、半分正解で半分不正解です。

バブル期に比べれば何も考えないで散財する人は減っているので、当時と比べれば相対的に高いものは売れなくなっているといえますが、今でも年収300万円のサラリーマンが10万円のフィギュアを買ったりしますから、高いものが売れないわけではないんです。

ただ、昔よりもお金に対してシビアになっているのに加え、欲求が多様化してきているので、ビジネス的に考えるならその多様化している欲求に出来るだけ応える必要があります。

他では、時間の使い方にも2極化が生まれてきています。

時間をかけるものとかけないものの2極化です。

現代人は、不景気による共働きや医療の発達による介護などにより、昔と比べて自分のために使える時間というのが減っています。

ここにもビジネスチャンスがあって、時間をかけたいと思うものがある一方で、今まで時間をかけていたけど、今後はできれば時間をかけたくないと思うものもあるわけですよね。

僕で言ったらトイレ掃除と風呂掃除の時間がそれにあたるんですけど、それらの時間を短縮するようなものを提供できれば売り上げは上がっていくと思います。

僕の例で言うなら、自動トイレ掃除機とか自動風呂掃除機を作るということですね。

僕が思うようなレベルで掃除してくれるなら確実に買うと思います。

こんな感じで、自分の中の2極化を理解するだけで、思わぬ上昇気流を発見することができます。

他でも、よく会う人と会わない人の2極化だったり、ネットで買うものとお店でしか買わないものの2極化だったり、様々な2極化が人それぞれ進行していて、それぞれの場所で上昇気流が存在しています。

個人的に、2極化時代を生き抜くために、自分のコミュニティを作ることは必須だと思っていて、そのコミュニティを作る時に「自分という人間はどういう人間なのか?」という棚卸が必要になってくるので、まずはあなたの中でどんな2極化が進行しているのか認識することをお勧めします。

自分という人間が理解できれば、集まってくる人間がどういう人かもある程度理解できると思いますので。

SNSでもご購読できます。